乳酸菌シロタ株から連想されるのは、ヤクルト。昔、白血病

乳酸菌シロタ株から連想されるのは、ヤクルト。昔、白血病になり闘病経験がある渡辺謙さんのCMをよく目にします。みごとに白血病を治し、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせている渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、とても効果が期待できそうな予感がします。病気のインフルエンザに感染してしまうと学校に出席することが5日間できなくなります。

仮にインフルエンザに感染した場合でも、発熱は数日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。

平熱に戻っても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、第三者にうつしてしまう可能性があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染を防ぐのに大切なことです。

主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザといった病気に感染し、発熱してしまった後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状が出るのがインフルエンザ脳症というものになります。インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、治癒した後に後遺症の残ることもございます。私はずっと先天性のアトピー性皮膚炎を持っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、痛ましい見た目でした。ありったけの方法を試してみても、効果を全く感じなかったのに、別の場所に引っ越したところ、あっという間に肌がきれいになり、あれほど酷かった痒みもおさまりました。

思い切って住環境を変えるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。

元々、便秘に悩んでいたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。

便秘改善に効果があった方法は、ヨーグルトを毎日欠かさず食べる事でした。

友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんで実践してみたのです。

この対策を実施しているうちに、お通じが改善されてきて、ひどい便秘になることもなくなりました。

俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌とは一体何か調べてみました。そうしたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類全般のことなのだそうです。

みなさんはこの事を知ってましたか?私は30年以上生きてきて、生まれて初めて知った事実です。乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では同じなのですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢などという菌に強い成分も作る能力があるのだそうです。

そう考えても、ノロウィルス対策に適しているということなのですね。

ここ最近は、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、意識しながら摂るといいかもしれません。

アトピーだと大変に耐え難い症状が出ます。

季節関係なしに1年中痒みとの我慢比べになります。夏場は汗をかくのでかゆみが増し、冬は乾燥でかゆみが増大します。

それに、食物アレルギーもあることが多く、知らずに摂取してしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、酷い時には呼吸困難になる恐れもあります。

乳酸菌が身体に良いものだということは事実でよく知られていますが、一方で効かないという説もあります。これについても本当かどうかなんてわかりません。

どうしてかというと、当然、体質は個人差というものがありますし、乳酸菌はあくまでもただの菌なので、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。

自分に合うかどうか確認してから考えましょう。

昔から、乳酸菌には色々な健康作用がありますが、特に整腸作用に効き目があるというふうにいわれています。

腸内善玉菌を増殖させることで腸の活動が活発になり体内に停滞していた便が排泄されやすくなります。ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。

乳酸菌を常に飲むことで腸を整える効果が強まります。

何日も大きい方が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭の原因となります。どれだけ食事のたびに歯磨きをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口の臭いは腸から胃を通って不要なものを排出しようとし、口臭として現れるのです。

この場合、便秘が治ると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。

乳酸菌が身体や腸のために良いというのは誰でもわかっています。でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が発揮できないのではという疑いを持つひともいます。でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、従って身体全体の健康になってくれるのです。オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として注目の存在となっています。オリゴ糖を投与された乳酸菌は活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、お腹、環境を良好にしてくれます。

そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方ともお腹の機能増進や健康の維持にはなくてはならない成分であるといえます。

この間、インフルエンザにかかり内科を受診しました。

潜伏期間は何日くらいあるのか判然としませんが、インフルエンザの人とどこかで一緒になってうつってしまったのだと思います。

3日間発熱し続け大変苦しい思いをしました。

高い熱が熱発するインフルエンザなので、いつもの風邪より大変ですね。子供のインフルエンザを防ぐための注射につれて行きました。

注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射針を注入されています。予防接種終了後は怖かったーと表現していました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も語れませんでした。近年は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。

年ごとに予防注射をする人も増えてきているようですが、都市部では莫大な人数が感染しています。感染経路は様々考えられますが、特に電車や街中、仕事先など、大人数と接触する時に感染している可能性が考えられます。

乳酸菌を過剰に摂取したとしても特に副作用はありません。

ところが、たとえ身体に良くてもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーがオーバーすることはありますよね。消化し吸収できる量には限界があるので、常識の範囲内を心がけておくと安全でしょう。

インフルエンザは風邪とは異なるもの耳にします。その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、3日から7日ほどその状態が続きます。

型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。

場合によっては、肺炎を併発したり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、恐れるに匹敵する感染症です。娘がアトピーだと発覚したのは、2歳を迎えた頃です。膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみを繰り返し起こし、ぜんぜん良くなりません。結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。

アトピーの治療には食事も大事になります。

アトピーに対して効果がある食事を心がけることで健康的な肌へと改善することが可能となります。胃腸などの消化器系を労わって免疫力に影響がある成分としてヨーグルトならびに大豆食品などを日々バランスよく摂取すると良くなることに効果があります。